東京都は観光もグルメも盛りだくさん!

まずは、自己紹介をしますね。出身地は、東京都の下町ですが、出身校は神奈川県のとある大学です。大学では主に医療系の学部で学びました。

職業は、病院に行ったことがある人なら誰でも一回は接したことのある職種です。白い白衣を着た、あの職種です。ここまでヒントを出すとすぐにわかりますね。

プライベートについてですが、家族は奥さんと子供が3人の5人家族です。一番上の子が今年、高校生になりました。真ん中の子は中学校で部活を頑張っています。

一番下の子は、まだ小学生で元気いっぱいです。趣味は読書をしたり、一人で映画を見たりすることです。家族とみんなでわいわいするのもいいですが、一人でゆっくりとするのもいいですね。

東京はこんなところ!

まずは、観光名所をご紹介します。東京の観光名所といったら、東京タワーとスカイツリーが有名でしょうか。東京を観光する人は昼間が圧倒的に多いかと思いますが、東京タワーとスカイツリーは夜の観光がオススメです。

なぜかというと、ライトアップされているからです。昼間でも東京タワーとスカイツリーの迫力が感じられると思いますが、ライトアップされた東京タワーとスカイツリーはきれいで幻想的です。心が満たされます。

次に、グルメをご紹介します。

大阪といったら、たこ焼きやお好み焼きを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?

東京都といったら、もんじゃ焼きです!もんじゃ焼きは、東京都中央区にある月島が有名です。月島は、どこのお店に入ろうか迷ってしまうぐらい多くのもんじゃ焼き店があります。東京に来た際には、ぜひ、一度立ち寄ってみることをオススメします。

まだまだあるよ、東京の良い所!

東京都には、築地市場もあります。築地市場というフレーズから何を想像するでしょうか?水産物だけけではなく、野菜やハーブもあり、品ぞろえは豊富です。

東京の胃袋を支えているといってもいいのではないでしょうか。また、お寿司や海鮮丼を食べることができます。なんといっても、新鮮です!

築地市場で開催されるイベントについてご紹介します。毎年10月10日を「魚(とと)の日」としています。具体的には何を行っているのかというと、魚に触れ・食べ・感謝することをコンセプトとして、魚食普及、市場機能・役割等をPRしているのです。

東京都に来た際には、心もおなかもいっぱいにして楽しんでください。


東京都生活はやはり最高です

まず初めに僕の簡単な自己紹介をしますね。僕は埼玉出身で地元の学校を出て、今は芸術関係の仕事を本業をしている30代独身男です。

埼玉の南部に住んでいた頃から東京に住むことには憧れていたので、若い頃に家賃相場の低いところを探して東京に引っ越しました。趣味は芸術鑑賞・スポーツ観戦・旅行などです。

今はもう東京には住んでいないけれど楽しいことばっかりだったので、東京はどんなところが素晴らしいのか、移住してみたい人向けに説明します。

東京はやはり圧倒的に都会的

全国には人口100万人を超える都市が結構あるけど、正直言ってやはり東京都は首都なので、テレビの世界をはじめとして色々なものが東京を中心に回っていて人口は圧倒的です。

なので、東京23区だけでも渋谷・池袋・原宿などの若者に人気のエリア、銀座・日本橋などの高級なお買い物エリアがあり、その数は列挙できません。

さらに23区外でも吉祥寺・町田・立川などたくさんの都会的な場所があって、毎週末に色々なところに行っても短期間ではまわり切れないほど、たくさんの発展したエリアがあります。

せまい面積の中に、こんなにたくさんの都市空間がある都道府県は他にはないですよね。

一つの県に都会的な場所が一つだけだと飽きてしまうけど、東京には数えきれないほどたくさんの繁栄したエリアがあるのでまったく飽きず、最高ですよ。

東京には実は自然もいっぱい

東京都は前述通り、全国47都道府県内において、神奈川・大阪・愛知ですらまったく歯が立たないほど圧倒的に都会的空間が多い場所です。

でも、繁栄している場所ばかりかといったらそうではなく、東西に広い都道府県なので、西部はかなり自然いっぱいです。

その中でも一番有名なのが奥多摩エリアで、新宿駅から立川まで特急で行ってそこから青梅線に乗れば最短1時間半で着きます。

電車の中で寝ていて終点の奥多摩駅で起きて外に降りると、とても東京とは思えない山岳エリアで、一度行ったらハマりますよ。

また、八王子の高尾山も有名で、こっちは都心からもっと近く、新宿から京王線の直通電車で50分強で登山口まで着きます。

その他にも電車で東京西部の終点駅まで行くと都心部とはまったく景色が違う駅がいくつもあります。東西に広い都道府県ゆえに、23区エリアと西部ではまったく違う景色が楽しめるのも東京のたまらない魅力です。